栄養士試験の無料講座

スポンサードリンク

栄養士の試験と養成施設

こんにちは、「栄養士試験の無料講座」です。

栄養士、管理栄養士の資格を得るためにはまず養成施設で修業する必須があります。
現在、日本の大学では家政学部や生活学部、栄養学部等に管理栄養士養成課程が設けられています。また栄養学系の短大や専門学校では栄養士養成課程が設けられています。
管理栄養士の資格を得るためには国家試験を突破する必須がありますが、国家試験の受験資格は所定の段階を踏んで取得することになります。
4年制の管理栄養士養成施設と栄養士養成施設では、これまで卒業と同時に国家試験の受験資格が取得できました。これに対し2、3年制の専門学校では受験資格を取得するために、卒業後に就職し、修業年数に応じた年数の実務経験を積む必須がありました。近年の制度改正により、4年制の栄養士養成課程の卒業者も1年の実務経験が必須になっています。こんな風に養成施設によって国家試験の受験資格がことなるため、養成施設を選択する段階で慎重に検討することが大事です。
実際の合格者は4年制の管理栄養士養成施設の新卒者が大部分を占め、同課程の既卒者や養成課程の既卒者は低い合格率になっています。
養成施設の種類に関わらず、本人の努力次第で合格することは可能ですが、管理栄養士への最も近道は4年制の管理栄養士養成施設で修業することだといえます。そして、少しでも早く現場での仕事がしたいという人には2年制、3年制の栄養士養成施設が適しているといえます。
また養成施設を選択する際には学力や学校の難易度だけではなく、管理栄養士試験の合格実績や就職率などをよく調べることが大事です。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲルライスパワー化粧品