栄養士試験の無料講座

スポンサードリンク

栄養士の試験と「人体の構造と機能および疾病の成り立ち」

こんにちは、「栄養士試験の無料講座」です。

管理栄養士は栄養士より更に高度な専門知識が必須とされる職業で、難関といわれる国家試験を突破しなければいけません。
国家試験を突破するためには、膨大な試験範囲から各科目の出題傾向やポイントをつかみ、効率のよく学習を進めることが大事です。
国家試験の中で出題数の多い科目のひとつに、「人体の構造と機能および疾病の成り立ち」があります。平成17年3月までの旧カリキュラムでは「解剖生理学」「病理学」「生化学」に相当するのです。
この科目は医学分野の内容に近く、人体や疾病に関する幅広い情報の中から、管理栄養士に必須な内容に絞り込まれたもんです。
「人体の構造と機能」として、正常な人体を構成する個体と構造、機能を勉強ます。人体を構成する個体は組織・器官水準から遺伝子水準までの細かい分類で、ひとつひとつの構造や機能を理解することが必須です。
また人体が行う基本的な生活行動である、食事、運動、休養などの機構、また環境の変化に対応する体の機構についての内容も含まれています。
「疾病の成り立ち」としては、生活習慣病や代謝疾患、栄養疾患、消化器疾患などの疾病の概要や、発症、進行について知識を深める必須があります。また病態の評価や診断方法、治療の基本的な考え方、感染症の発症とその防御機構なども大事です。
比較的難解な内容が多く、出題数も多いため、十分な学習時間をとることが求められます。中でも生化学の内容は以前より出題が増えているので注意が必須です。また疾病の概要、病態の診断、治療の考え方は重要なポイントであるため、しっかり抑える必須があります。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲルライスパワー化粧品