栄養士試験の無料講座

スポンサードリンク

栄養士の試験と職場

こんにちは、「栄養士試験の無料講座」です。

管理栄養士は栄養士の国家資格で、「食」に関する職業の中では唯一の国家資格です。
管理栄養士は女性を中心に評判のある職業ですが、国家試験の難易度が高く、近年の合格率は20%から30%となっています。
管理栄養士の代表的な職場のひとつに病院があります。現在の管理栄養士は給食管理だけではなく、医療分野でチームの一員となり、病気の治療や予防、患者の食事と栄養の管理、栄養指導などを行う役割があります。
また小中学校では給食管理のほかに、子供たちへ食に関する指導を行い、相談に応じる役割があります。近年「食育」という言葉が重視されていますが、家庭や学校における「食」のあり方を指導し、子供たちの健やかな成長を手助けする役割があります。
そして福祉施設で勤務し、入居者に合わせて栄養管理と給食管理を行う役割があります。現在、介護施設や障害者施設では常勤の管理栄養士の配置が義務付けられており、入所者一人一人の栄養状態を正しく把握し、状態に合わせて栄養管理を実施する役割を担っています。
また保健所などの行政機関に勤務し、地域における健康教育、栄養相談、食環境整備などの活動を行う役割があります。特に近年では健診制度が改正され、新しい健診制度で保健指導の役割を担う管理栄養士が注目を集めています。
ほかにも管理栄養士の活躍の場は多くありますが、人々の「命」と密接に関わる「食」の専門家として、今後ますます活躍の場が広がっていくと考えられています。
難関である国家試験の学習を進める中で、試験後の自分の職場を思い描くことは自分への励みになり、学習意欲の向上につながるでしょう。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲルライスパワー化粧品