栄養士試験の無料講座

スポンサードリンク

栄養士の試験方法

こんにちは、「栄養士試験の無料講座」です。

 

栄養士は「栄養士」と「管理栄養士」の2段階に分けられます。

栄養士はおもに栄養学に基づいてメニューや調理方法を決定したり、健康を維持するための提案を行います。資格は高校卒業後、厚生労働省が指定した栄養士養成施設で2年以上勉強必須な知識や技能を修得した後、都道府県知事に免許を申請することを通して無試験で取得することができるでしょう。

管理栄養士は栄養士より更に高度な知識を持ち、病気や障害を持つ人々へ必須な栄養指導を行ったり、大規模給食施設で大勢の人の給食を管理したりするのです。

管理栄養士の資格は栄養士免許を取得した後、卒業課程によっては実務経験を積み、管理栄養士の国家試験を受けて合格することを通して取得することができるでしょう。

管理栄養士は食に関わるたくさんの職業の中で、唯一国家資格として認められているもんです。とても高い専門知識を要する試験ですが、受験者は年々増加し、1991年には50%程度あった合格率は近年20%から30%程度という難関になっています。

実際の合格者は4年生の管理栄養士養成課程の新卒受験者が殆どで、同課程の既卒者や栄養士課程の既卒者は低い合格率になっています。

卒業後にブランクがあったり、実務経験を積みながらの試験学びはきびしいというのが実態です。

学びの方法は参考書や問題集での独学の他、近頃では通信教育やweb 講座も多く活用されています。管理栄養士の予備校に通うのもひとつの方法です。

近年メタボリックシンドロームや生活習慣が問題となり、食の重要性が見直されつつあります。その中で栄養士はますます重要性が高まっている職業です。

スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲルライスパワー化粧品